サイレーン 最終回感想 猪熊と橘カラの関係は? 衝撃の結末とは?

<スポンサードサーチ>

松坂桃李くんのドラマ
サイレーン』最終回の
(12月15日)の感想です。

 

※最終回の感想は
下の方へズズっと移動してください。

 

 

いよいよ最終回ですね。。。(/_<)クスン

原作コミックとは
全く違う結末になるとのことで、

いろんな方のブログや
twitterをみると

「カラの黒幕は、本物のカラ
とか、
猪熊も怪しい
とか

いろいろ盛り上がってますね♪♪

 

 

 

最終回の感想は
ドラマ終了後にあらためて
書きますけど、

感想は追記しました。
下の方へズズっと移動してください。

 

その前に私も 
『サイレーン』最終回の
予想合戦に参戦したいと思います^^;

 

サイレーン 猪熊夕貴の正体は?

橘カラはもちろん
生きていたんでしょうね

8話で猪熊に撃たれたのは
ボクシングジムで知り合った
でしょうね。

 

千歳先輩が事情聴取したのは
ボクシングジムの女で、
車の中に待っていたのが

橘カラを殺し、
橘カラの戸籍を乗っ取り、
月本の整形で
橘カラに生まれ変わった
トワダサチ

 

 

ここまでは、
多くのみなさんが予想してるんですけど、
問題は猪熊夕貴ですよねd( ̄  ̄)キラリ

 

猪熊夕貴は何者なのか?

 

 

猪熊夫妻の実子ではないという
設定ですよね。

あえて血がつながらない子ども
という設定にした理由が
何かあるはず・・・

もしかして猪熊夕貴
橘カラ(トワダサチ)は
姉妹なんでしょうか?

 

それとも猪熊夕貴は、
猪熊文一が関わった事件の
殺人者の子どもだとか・・・

殺人者の子どもなのに
正義感の強い刑事になってるところが
トワダサチのツボにハマったとか?

それじゃあ
あんまり衝撃的な結末じゃない(^^:

 

やっぱり
橘カラは猪熊夕貴の妹だった
っていう設定なんでしょうか?

 

<スポンサードサーチ>

 

 

橘カラの正体を探るために、
里見がまた橘カラの故郷を訪れている
予告が流れてましたが

そこで
トワダサチってどんな子?
っていう里見のセリフが流れてました

想像ですけど

「この子ですよ♪」って見せられた
アルバムのトワダサチの顔が
猪熊夕貴にソックリだったとか???

 

きゃー 怖い(><)

 

衝撃的な感じしませんか??

 

トワダサチが消したかった自分と
瓜二つの顔の夕貴が目の前に現れて
絶対に消したいと思ったとか・・・

 

ああ~、早く観たい

 

 

 

 

あと、予告で気になったセリフ

 

安藤のセリフ
どんなことをしてでも
 やつらに渡すんじゃねーぞ!

 

やつ

 

なんで複数形なの??

 

 

チビデカのセリフ
お前を逮捕する

 

誰を逮捕するの?

頼むから、里見の邪魔はしないでね!

 

 

観たい

 

早く観たい!

 

みた~い!!

 

 

サイレーン最終回 感想

サイレーン最終回の感想は
放送終了後に書きます。

【感想追記】

 

こーわーーいーーーーーー

 

(((((||゚Д゚人゚Д゚||)(||゚Д゚人゚Д゚||))))

 

ガクガクブルブル

ドラマ開始数分で
里見と猪熊のキスシーンが
観られたと思ったのに、

それが猪熊に整形したカラだなんて

lll´Д`)))ブルブルブル

 

さすがにそんな想像は
できませんでしたよ

やーーーだーーー!!!

だいたい想像通りの展開でしたけど、
本当に衝撃の結末でした。

 

面白かった。

 

マジで面白かった(><)

 

 

でも、1つだけ不満が。

最後、なんであんな爽やかに
終わるんですか??

 

本物の猪熊と里見の
ラブラブシーンはないんですか??

最終回なのに~

猛抗議!!

 

月9の『5時から9時まで』みたいに
最後、大判振る舞いしてよ!!

『サイレーン』は恋愛ドラマじゃないのは
百も承知ですけど、

猛抗議!!

 

 

ドラマ全般、菜々緒ちゃんの
悪女っぷりが話題になってて
松坂桃李くんの存在が
薄い印象でしたけど、

最終回の里見の
あの冷徹ぶり・・・・

演技うまいよね。

 

最近の若手俳優さんで
有名になってるあの方やこの方の
棒読み演技とは大違い(*^_^*)

 

やっぱ、松坂桃李くん

最高!!

 

 

 

ところで、チビデカ!

最後の最後においしいとこ
持っていきやがって

捜査一課へ移動ですか???

さすがでございます!

 

 

ああ・・・

燃え尽き症候群な予感がします。

 

サイレーンの皆様、

ファンの皆様

お疲れ様でした(*^_^*)

 

 

 

<スポンサードサーチ>

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ