遺産争族 6話感想 10億の遺産は? 最終回までの展開は?

<スポンサードサーチ>

向井理さん主演ドラマ
遺産争族6話(11月26日)の
感想です。

前回の『遺産争族』5話の
視聴率が1桁になってしまいました。

初回:14.2%
2話 :10.5%
3話 :10.5%
4話 :10.1%
5話 :9.3%

という視聴率の推移です。

 

裏番組で「世界野球プレミア12」
やってたから仕方ないですよね。

きっと6話はまた視聴率
10%台に戻るハズ!

だって、やっぱり面白いもん!

 

 

 

遺産争族 6話 感想と最終回までの展開を予想

『遺産争族』、毎回毎回面白い。

 

泣かなくていいのがイイ!

 

単純に面白いです。

 

6話は育生の父親が登場しましたけど、
絶対に遺産目当てだと思っていたのに
違ったという、まさかの展開。

お金は人を変えてしまう
さんざん高畑淳子さんの
ドロドロしたナレーションで
呪文のように唱え、

育生の母親でさえ
おかしな発想をしだしたのに、

まさかまさか、

育生の父親は違っていた

という予想に反する展開。

 

 

挙句の果てに父親から
育生自身がお金に影響されていると
やんわり指摘されて・・・

 

育生は遺産や家族のもめ事に
振り回されない、
戦わないHEROだったはずなのに

しっかりとお金に
振り回されていたんだ~
・・・

なるほど~。。。

 

 

以前、このブログに、
お金に執着しない育生よりも、
河村家の人々の方が
よっぽど人間らしいから好きと
書きましたが、

そうじゃなかったんですね!

 

お金に振り回されてきた育生が
お金なんか興味ないと思うことで
お金に復讐していたとは・・・

奥が深いわ~(--)

 

6話の回で、よやく
育生の行動に合点がいきました

 

なのになのに、

 

おじいちゃん、
僕に遺産をすべて下さい!

 

ときたもんだ!

こりゃあ、面白い。

 

お金に復讐することをやめた
=お金に興味をもつ
=遺産が全部欲しくなった

ということなんでしょうか??

 

 

多分違いますよね、

 

 

きっと自分が悪者になることで、
バラバラになった河村家を1つにして、

おじいちゃんにも
育生には遺産を渡したくないと
思わせることにするんじゃないかな~

 

 

最終回は、結局は
遺産は育生以外の全員が
均等にわけてもらう気がする・・・

そしてめでたし、めでたしみたいな展開・・・

どうでしょう???

 

<スポンサードサーチ>

 

 

<スポンサードサーチ>
サブコンテンツ

このページの先頭へ