コウノドリ 6話感想 高齢出産・不妊治療 卵子の数が決まっている

<スポンサードサーチ>

綾野剛さん主演『コウノドリ
6話(11月20日)の感想です。

 

 

女にはタイムリミットがある

山口紗弥加さん演じる
新井センセのこのセリフ・・・

 

 

きっつー(><)

 

どうしよ、私!!

 

 

6話は観るの厳しいな~と思ってたけど
やっぱ痛かった!

 

アラサ―の私には
非常に痛い回でしたよ! 6話は!!

 

 

 

コウノドリで思い出した!卵子の数が決まってる話

 

高齢出産のリスクや
不妊治療の話も
私にとっては耳の痛い話でしたが、

 

衝撃的だったのが

 

 

 

卵子は女の子が
お母さんのお腹の中にいるときに作られ、
その数は
増えることはありません。

 

 

という四宮センセのお言葉・・・

 

 

 

つまり卵子の数は生まれたときに
すでに数が決まっているということ

 

 

 

知らなかったわけじゃないです!

 

 

忘れてました!

 

 

すっかり、きれいさっぱり、
忘れてました(><)

(おいおいマジか? マジです)

 

 

だって、妊娠・出産の話は
結婚相手のいない私にとって
リアリティのない話だから。

 

 

精子はあとからでも作られるのに
卵子は作られないで減る一方って・・・・

 

不公平じゃないですか?
(そういう問題じゃないけど)

 

 

<スポンサードサーチ>

 

 

卵子の話

 

で、ちょっと気になって卵子について
調べてみたんですが・・・

 

卵子を育てる袋があって、
そこに卵子のもととなる
原始卵胞というものが
入っているそうです。

排卵でこの原始卵胞が
卵子になります。

 

生まれる時には、原始卵胞は
約200万個あるといわれていて、

でも生まれてから月経のはじまる頃までに
約170万個から180万個が自然に消滅し、

 

思春期・生殖年齢の頃には
約20~30万個まで減少するらしいです。

 

 

なんだ、まだ約20~30万個もあるんだ、
って感じなんですけど、

一回の月経の周期で
約1000個が減少するといわれていて、
1日で換算すると
30~40個が減り続けている計算になるそうです。

卵子の数の話は、あくまで学術的な数で、
実際には何個残ってるのか、
1日に何個減っているのか保証はありません。

 

たとえ残っていても、高齢になればなるほど
今度は卵子の老化問題がおこるわけです。

原始卵胞が老化すると、
排卵されても正常な機能を失っている
卵子が多くなってくる。

 

受精卵になったとしても育たない、
育っても着床しない、
着床しても流産してしまうetc

 

言葉が足りない部分があると思いますので、
あとで、しっかり、ご自身で調べてください^^;
大事な問題ですから・・・

 

<スポンサードサーチ>

 

 

コウノドリみて、初めてブルーになった

 

なんか・・・ とってもブルーです。

1日1日を無駄に過ごしてないか?って

 

マジで、彼氏いないこの状況、
見直さないといけないと思います。

 

明日は友達と会うんだけど、
きっと、コウノドリの話になって

小栗旬、かっこいい! って話よりも
卵子の話になると思うな・・・

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ