コウノドリ 第2話感想 オーラを封印して演じる小栗旬に泣いた

<スポンサードサーチ>

綾野剛さん主演ドラマ
コウノドリ」第2話の感想です。

第2話は小栗旬さんが登場♪

話感想へ><次の記事へ>

 

 

 

今回も面白い(見応えあった)

涙涙でした!

 

コウノドリ 小栗旬さんと綾野剛さんの演技がすごい

小栗旬さんが演じるのは
中堅企業の営業マン。

最近営業成績が良くて
ご機嫌普通のサラリーマン役。。。

 

最近、かっこいい役ばっかりの
小栗旬さんだったので
とっても新鮮でした。

 

 

小栗さんなら、
上場企業のエリートサラリーマンで、
営業成績がよくて当たり前な役を
演じそうじゃないですか。

で、エリートサラリーマンは
妻が交通事故にあって
初めて妻の大切さを考える・・・
みたいな役ね。

 

でも今回の小栗旬さん、
かっこいいオーラを
完全に封印してましたよ(@_@;)

素朴な、どこにでもいそうな
青年になりきってましたよ!

 

 

 

ついさっき、電話で話した妊婦の妻が
交通事故で意識不明になって
妻と子ども、どちらの命を優先すべきかを
つきつけられる・・・

妻の両親は、意識のない妻の横で
「何でこんなことに~」と涙し、

自分の両親は、離れたところから
「もしこのまま植物状態になったら・・・」
「赤ちゃんと植物状態のお嫁さんを
 若い息子が背負うことになるのだろうか・・・」
「ならばいっそ・・・」

 

すっごい生々しいやり取り(><)

 

そんな中で、
命の決断をしなければならないけど、
答えなんか出ない

 

<スポンサードサーチ>

 

きっと、かっこいい役の小栗旬さんだったら
感情移入しなかったと思うんですけど、

マジで、素朴な普通の青年なんで、
涙&鼻水流して観てました(T_T)

 

ちなみに、またドラマの後半で
小栗さんは出てくるようです。

もう十分感動したので、小栗さん
出てこなくていいと思うんですけど・・・

何で出てくるの??

ま、いいですけど^^

 

 

今回、冷たいクールな印象を
完全に封印して
ほんわか演技をする綾野剛さんにも
驚いたけど、

小栗旬さんもやっぱすごい!

 

 

コウノドリの綾野剛さんも違和感ないんですが、
やっぱ殺人鬼的な役がいつもの綾野剛さんだよ!
ハマってる(^^)

 

話感想へ><次の記事へ>

 

ドラマ「コウノドリ」 なぜハマるのか?

幸せの絶頂から
奈落の底につき落とされる現実。

 

今回は妊婦さんの話だけど、
特別な話ではないですよね。

身近に起きるかもしれない現実だよね・・・
って思いました。

 

朝、相手の顔を見ないで
背中越しに
「いってらっしゃい」と言って送り出した
父が、母が、子供が、彼氏が

突然自分の目の前から
いなくなってしまうかもしれない現実。

あの時、何で顔を見て
「いってらっしゃい」と言って
送り出さなかったのだろう・・・

みたいな日が、
もしかしたら明日くるかもしれない。

 

コウノドリって、
産婦人科のお話だけど、

ドラマを観た後は、
自分の生活を反省しちゃうドラマです。

 

恋愛ドラマ好きの私ですが、
自分自身の生活に置き換えられるドラマだから
ハマるのかな~って思ってます。

 

毎日、毎日を大切して生きないとね!

 

話感想へ><次の記事へ>

<スポンサードサーチ>
サブコンテンツ

このページの先頭へ