偽装の夫婦 3話 感想 残念ながら面白くないかも・・・

<スポンサードサーチ>

天海祐希さん主演ドラマ『偽装の夫婦
第3話(10月21日放送)の感想です。

 

 

第2話の感想、特に書くことないな~
と思って書かなかったんですが

第3話も書くことがない・・・(^_^.)

(なら書くなよ、って話ですが・・・)

 

面白いのと、しらけるのがまざってて
全体的に面白くないかも?

・・・なんて思って3話を観ました。

前の記事へ><次の記事へ>

 

 

 

『偽装の夫婦』面白いのに、しらけちゃうシーン

『偽装の夫婦』の視聴率が
初回こそ14.7%の好スタートを切りましたが、
第2話はいっきに10.3%まで
落ちてしまいました。

みなさん、初回でもう見切りつけたんですかね?

 

 

私は初回は面白いと思って
第2話は期待してみたんですが、
第2話で「ん?」って思いました。

なんか、あんまり面白くないかも・・・と。

 

で、3話もあんまり面白くなかった

 

なんで『偽装の夫婦』が
面白くないんだろうと考えたんですが、

第2話では水森しおり(内田有紀)の
娘の運動会で、
水森親子をおぶって走るシーンが
あったじゃないですか。

はい??? ( ̄  ̄)

ドン引きのシーンでした。

 

第3話では弟子丸保(工藤阿須加)を
不良グループから助けるために
竹刀振り回して
めちゃくちゃ強かったじゃないですか

は~ぁ・・・( ̄  ̄)

みなくていいな、こういうの。って思いました。

 

<スポンサードサーチ>

 

これらのシーンって
家族について考えさせられる
重要なシーンだと思うんですけど、

なんかしらけちゃう

ヒロが現実離れしすぎてて
心に響かないシーンなんです。

 

他のコメディたっちな話は
面白いんですけど、

途中で入る
ヒロのあり得ないシーンと
ヒロの説法くさい言葉を聞くと
一気にコメディの面白さが半減
するんですよね~

 

コメディなら笑っちゃうくらいに。
ミステリアスな話ならミステリアスに。
感動系なら涙流すくらいに。

分かりやすい話の方が
観ててスッキリするかも・・・と思いました。

コメディとミステリアスと感動と
いろんな話まぜてて
難しいドラマですね(^_^.)

 

 

『偽装の夫婦』第4話の展開に期待!

面白くないと思って観てた3話ですが、
ドラマ終盤で

超治(沢村一樹)と保(工藤)が
2人で歩いていくのをヒロが
見送るシーンの心の声が

無題

何なんだ、

  この胸のザワザワは・・・?

ってなってたじゃないですか!

 

気になる心の声です!

 

<スポンサードサーチ>

 

ヒロは超治が好き。

超治はヒロの気持ちに応えられない。

そんな展開になるんでしょうか??

 

気になるってことは
やっぱり面白いのかな???

 

なんだかんだ言いながら
きっとハマっていくんでしょうね。

遊川マジックに(苦笑)

前の記事へ><次の記事へ>

サブコンテンツ

このページの先頭へ