天海祐希主演ドラマ『偽装の夫婦』 ゲイにレズに・・・ 面白い

<スポンサードサーチ>

10月8日にスタートした
天海祐希さん主演ドラマ『偽装の夫婦』、
観ました♪♪

 

最初から展開が想像できそうなドラマで
あんまり期待しないで観たんですけど

想像通りかな~と(^_^.)

 

だって・・・

目次へ><次の記事へ

 

 

天海祐希主演ドラマ「偽装の夫婦」1話感想

「偽装の夫婦」は

いつも穏やかな笑みを浮かべながら、
心の中で周囲の人々に悪態をつく主人公が
ゲイである元彼と偽装結婚して

”本当のパートナー”とは何か?
新しい夫婦の形を描くラブストーリー 

 

という、うたい文句なんだけど

 

 

 

 

 

ということは、
始めは、あーだこーだ言いながらも
お互いに認め合い、
それなりの夫婦の形になっていくんでしょ?

 

脚本が
女王の教室」「家政婦のミタ」「○○妻」の
遊川和彦さんなんだけど、

「女王の教室」「家政婦のミタ」「○○妻」の
3作品に比べて
パンチ弱いな~ と思ってました。

 

 

で、実際に観たらね、
やっぱパンチがないドラマでした(^_^.)

 

 

や、普通に面白いんだけど、
「女王の教室」「家政婦のミタ」「○○妻」の
遊川和彦さんの脚本だから、

遊川さんが脚本してる割には
パンチがないな~・・・なんて思って

生意気言ってすみません!

目次へ><次の記事へ

 

「偽装の夫婦」 沢村一樹さんがゲイ役をすることに関して

主人公の元彼が
ゲイという設定なんですけど、
この役、沢村一樹さんがやるんです。

 

 

冷たいクールな役から、
愛嬌のある役まで
幅が広い役者さんなので
ゲイの役でも全然違和感ないのですが、

残念なことが1つだけ

 

おネエ言葉を使うんです!

 

 

このおネエ言葉が浮いてるような感じがして・・・

 

私は沢村一樹さんのおネエ言葉に
強烈に拒否反応が出ました

 

だって・・・

 

おネエ言葉を使うと
突然、沢村一樹さんは
攻め」じゃなくて「受け」なんだと
想像してしまうんです

 

オイ!

 

 

沢村一樹さんは
「攻め」であって欲しいの!!(><)

 

オイ!!

 

 

そんでもって
なんだかよくわかりませんが、
公式サイトで次回の予告を見ると

シングルマザーで登場の
内田有紀さんは

レズ役のようです。

 

シングルマザーのしおり(内田有紀)
ヒロにプロポーズ。

しおりは、娘のユウの父親からDVを受けて以来、
男性に恐怖を覚え、今は女性しか愛せないと
ヒロに打ち明ける。

ヒロが運命の人だと熱烈にアプローチし、
ユウのためにも家族になってほしいと訴えるしおり。
ヒロの困惑は、深まるばかり。

 

 

ゲイ&レズ 

 

 

なんだ? この展開(爆笑)

 

<スポンサードサーチ>

 

来週は
内田有紀さんは「受け」で
天海祐希さんが「攻め」なんだろうな~

なんて想像するんでしょうか?

 

バカですみません(^_^.)

 

あれ? このドラマ、面白い???

 

 

いつもなら初回で観るのやめるパターンですが、
もうちょっと観てみようと思います。

遊川マジック???

次の記事へ

 

<スポンサードサーチ>
サブコンテンツ

このページの先頭へ