モンテ・クリスト伯 4話感想 親子で肉体関係とは恐ろしい

<スポンサードサーチ>

 

 

モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─
4話感想です。

 

モンテ・クリスト伯 4話感想 やっと面白くなってきた件

モンテ・クリスト伯、
3話の感想を書き損ねてしまいました。

 

ゴールデンウィーク中で
録画で当日観れなかったのと、
観てみたら、ふ~ん・・・って感じで
特に感想もなくて。。。。

 

で、4話が本日放送されたわけですが、
3話は復讐の種まきでしたが、
その種まきに芽が出てきて
面白くなってきましたwww

 

最後、稲森いずみ演じる神楽の妻と
葉山くん演じる安藤が
肉体関係を持ったのに親子とか、

わ~~い!!

ドロドロしてきた☆(・∀・)☆

 

と、テンション上がりました。

 

はっきり言って、
おディーン様目当てで
観てるドラマですが、

おディーン様抜きでも
面白くなってきた感じしませんか?

 

<スポンサードリンク>

 

 

モンテ・クリスト伯 視聴率が悪いままの件

モンテ・クリスト伯の初回視聴率が
衝撃の5.1%だったことは
すでにブログで書きましたが、

2話も5.7%
3話は若干上がって7.1%という
低空飛行。

 

やっぱ、おディーン様演じる柴門が
真海になって、
みんなの前に現れるわけですが、

なんでみんな柴門だって
気がつかないんだよ!!

 

恋人のすみれも気づかないの
おかしいだろ!!

 

っていう違和感が原因でしょうか?

 

この突っ込みたい事案を
乗り越えないと
このドラマは面白くないのが苦しいwww

 

 

<スポンサードサーチ>
サブコンテンツ

このページの先頭へ